無料ブログはココログ

[ミナログ]製造業社長の逆襲。

drape

  • Drape018
    Master-02 DRAPE   ShadeによるCG集

のたり松五郎

SETOUCHI-PRO

MANOI日記

« 3D(2.5?)造形悪戦苦闘記18~GaGaDW | トップページ | 3D(2.5D)造形悪戦苦闘記20~GaGaDW »

2007年1月26日 (金)

3D(2.5D)造形悪戦苦闘記19~GaGaDW

”アーマードプラスシリーズ”第二弾”Master-02 DRAPE"は
3Dデータを”MDX-20"の加工設定ツールパス作りの真っ最中!いろいろ問題がでてきてたいへん!まーそのお話はまた今度。今回は、”Master-01GAGA"の外装キットを初代
”KHR-1"に組みつけながら特徴をご紹介します。
”KHR-1"頭部のサーボモーターに”アンダーフェイス”を後方斜めから嵌めていきます。サーボモーターのコードは後部□孔より出します。

”トップヘッド”を被せてサーボモータのフリーホーンネジ止め用の孔を使ってネジ止めします。

次にヘッドフェイス両側にある”Master-01GAGA"の特徴のひとつ、”ランチャーAssy"を組み立てます。
片側9点のパーツ構成から成り、色分け塗装がしやすく、内部空間もあるので、たとえばLEDライトシステムとか超小型カメラの内臓など可能性はいろいろ考えられます。
バレルをバレルガイドと共にケース左右にCAPスクリュウでネジ止めします。(バレルといってもダミーで弾はでません。実際に飛ばすとおもしろいかも。なーんてネ!)


ランチャーベースのランチャー左右をネジ止めし、ヘッドフェイスを差込、”KHR-1"トップカバーにネジ止めます。

”Master-01GAGA"のもうひとつの特徴に”サーボカバー”があります。腕・脚・足のそれぞれのサーボモータにサーボカバーを組付けます。

”サーボカバー”はサーボモータに被せることによりそれぞれのサーボ
モータのコードの取り回しをきれいにまとめることが出来ます。

また”サーボカバー”はプロテクターの取付基盤の役目もします。
(たとえば自作プロテクター取付ってのも夢ではありません!)
腕部分にとりつけられた”イージス”

大腿部に取付ける”可動レッグガード”
 

このように全てボルトオン仕様にこだわっています。

”ショルダーカバー”は前後の差込部分にもネジを勘合ボスとして使用していますので嵌めこみ強度は充分満たされています。

そして、全ての外装パーツを組付けるとこのように完成!!

付属のシールを貼ってイメージアップ!


まだまだ初代”KHR-1"も外装を身にまとえばカッコイイ!!
みなさんも、眠っている”KHR-1"がありましたら
”Master-01GAGA"外装キットでドレスアップしてみませんか?
雅雅ドリームワークスがお手伝いします。

http://home.v01.itscom.net/gaga

次回もよろしく!

« 3D(2.5?)造形悪戦苦闘記18~GaGaDW | トップページ | 3D(2.5D)造形悪戦苦闘記20~GaGaDW »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179224/5089305

この記事へのトラックバック一覧です: 3D(2.5D)造形悪戦苦闘記19~GaGaDW:

» プロテクター ポケモン [プロテクター ポケモン]
[続きを読む]

» 雅雅さん来社 [【ミナログ】製造業社長の逆襲]
雅雅ドリームワークスの長谷川さんとアーマードプラス Master-01GAGA [続きを読む]

« 3D(2.5?)造形悪戦苦闘記18~GaGaDW | トップページ | 3D(2.5D)造形悪戦苦闘記20~GaGaDW »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31