無料ブログはココログ

[ミナログ]製造業社長の逆襲。

drape

  • Drape018
    Master-02 DRAPE   ShadeによるCG集

のたり松五郎

SETOUCHI-PRO

MANOI日記

« MM-40交換 そして相互リンク ~GaGaDW | トップページ | アーマードプラス ”シーズン2” Line UP ~GaGaDW »

2008年6月23日 (月)

3D(2.5D)造形悪戦苦闘記53~GaGaDW

ローランドDG”MDX-20”に加工刃をセットします。
φ3x25の超硬刃(スクウェアエンドミル)をホルダー先端から35mm(任意)出してセットスクリュウで固定します。

日進工具(株)”MHR230”シリーズは深リブ用のロングネックタイプです。有効刃は先端から4.5mmまででその後ろの首径は2.85mmです。

反転テーブルをセット。

ベースにボルト4点止めです。

ワーク材に両面テープを貼ります。
ニチバンの”ナイスタック”シリーズがベストチョイスです。
しっかり固定ができ、剥がした後に糊が全く残りません。
百均なんかで売っている両面テープは剥がした後、糊が残ってしまい取り除くのに相当難儀します。

テーブルにあるY軸・X軸方向それぞれの凸部にワーク材の基準面を合せて固定します。このワーク材セット方法でサイズが異なるワーク材でもオールマイティに両面加工ができます。
(弊社製作の反転テーブル使用、非売品です。)

PC上にて”MODELA Player4”のツールパスを開きます。
(Shade3DモデリングデータをDXFデータに変換、ツールパスは前もって作成済み。このへんは後日説明します。)
”MDX-20”の電源を投入し、TooL Downボタンで加工刃を下げながら高さ方向(Z軸)の基準面を設定します。

ある程度のところまでTooL Downボタンを押しっぱなし(刃は回転します)で加工刃を下ろし、その後はチョンチョンと押しながらワーク材の上面に可能な限り面位置になるようにカンだけで下ろします。
紙などが加工刃とワーク材の隙間に入らない程度が目安です。
(結構、慣れが必要です。)

この基準設定で荒削り(φ3mm)・仕上げ(φ3mm・R1mm・R0.5mm)の3種類の加工刃で片面を加工します。
加工刃の交換時は自動的に刃が止まります。
(交換は当然手動です。)
交換時に最初の加工刃のセット長35mmがここで生きます。
交換後、Vewボタンで再スタートし、次のパスの実行が進みます。(刃径違いの加工刃を同じ基準値(Z軸)で続けて加工するためにスピンドルホルダー先端からの加工刃飛び出し量を統一させます。)

防音ケースの中に照明を設置してあると便利です。
今までハイスエンドミルで加工してきましたが、今回初めて超硬エンドミルを使用して驚いたのは、加工音(切削音)が非常に静かなことです。
イヤー、はっきり言って防音ケースはいらない!です。
でもまー、粉塵防止のためにはいるかもしれません。
健康第一!

片面(外側)荒削り・仕上げ削り(3工程)が終了。

・・・ドライ加工のはずがシミが! このシミの正体は!?

実は第一工程の荒削りでトンだハプニング!!
加工深さ23mmなのですが、20mm前後あたりから右下隅の折り返し時に嫌な音とともに加工刃の回転が極端に遅くなり始めたのです。何度か繰り返した挙句、とうとう途中で刃の回転とテーブルの送り動作がストップ。警告ランプ点灯状態!いやー焦ったのなんのって、心臓までストップしそうでした。(汗・・汗・・・)
止まったら、どうなるかと言うと、全てリセットして最初からやり直し。もう一度、基準面(Z軸)を設定します。ワーク材と加工刃の面位置なんて同じ高さに設定できません!カンじゃ!
そして、X軸・Y軸の基準点も微妙にズレる場合があるから始末に負えない。 まーそこはダメもとでこのまま再チャレンジ!
運を天に任すのみ! え~ぃままよ!!
でっ、先ほどストップしたところからこまめに切粉を掃除しつつ、超硬刃なのに切削油を垂らしながら加工しました。シミはこの切削油の名残です。なんとか加工ズレも、加工ストップも起こさず荒削りをのりこえました。 いや~メデタシメデタシ。
原因は?
スピンドルモータの劣化? ゆうに2000時間越えの状態。
じょあ交換すりゃいいっしょ!(前回のブログがこれ。)
サー交換したので再開!  ジー、ジー、ガガガッ、ジージー、
ありゃ、解決してない!交換前ほどヒドクないけど、ちょっと不安。
以前、ハイスの時はこんなことはなかったのに、超硬にしたから?
いろいろ原因は思いついたけど要は切削負荷をなくせばいいじゃないの? ってことでワーク材に細工。問題の箇所に最初から貫通孔を明けておけばいいじゃん。

これで解決!!別のワーク材加工はこの通り、スムーズに荒削り工程を通過、続けて仕上げ加工(3工程)も問題なし!

引き続き、裏面加工へ。
反転盤の裏からボルトをねじ込み、ワーク材を剥がします。

反対面の基準面加工出し。
この折り返しの反対面(裏面)の基準面(X・Y軸)だしが結構シビア。 フライス加工で平行に削っていきます。
(反転テーブルの商品化はここがネック。故に非売品。量産品でもないので依頼されても結構高価なモノになっちゃいます。)

裏面加工。

裏面の荒削り・仕上げ加工終了。

もう一つも裏面加工。

加工上がりの2種類のフェイスの一部パーツマスター(外側)

その内側。

立てた写真(外側)

立てた写真(内側)

なんの二足歩行ロボット用でしょうか?
次回に続く・・・

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ

人気blogランキングへ

« MM-40交換 そして相互リンク ~GaGaDW | トップページ | アーマードプラス ”シーズン2” Line UP ~GaGaDW »

コメント

はじめまして。
いつも拝見させていただいております。
小生もMDX-15を使用しロボット部品の作成を少しづつですが進めております。
MDXもまだまだ使い慣れないので、貴殿のHPを拝見させて頂くと大変参考になります。
これからも、いろいろなノウハウの披露していただけることを楽しみにしております。

pepe32redさん、はじめまして。
お褒め頂き恐縮です。
ロボット部品の製作は強度計算とか部品構成の設計とか歩行のため絶妙なバランス取りなど結構たいへんですよね。
頑張ってください。
これからもよろしく!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179224/21846192

この記事へのトラックバック一覧です: 3D(2.5D)造形悪戦苦闘記53~GaGaDW:

« MM-40交換 そして相互リンク ~GaGaDW | トップページ | アーマードプラス ”シーズン2” Line UP ~GaGaDW »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31