無料ブログはココログ

[ミナログ]製造業社長の逆襲。

drape

  • Drape018
    Master-02 DRAPE   ShadeによるCG集

のたり松五郎

SETOUCHI-PRO

MANOI日記

« 3D(2.5D?)造形悪戦苦闘記61~GaGaDW | トップページ | 3D(2.5D?)造形悪戦苦闘記63~GaGaDW »

2010年1月28日 (木)

3D(2.5D?)造形悪戦苦闘記62~GaGaDW

「MASTER MUZZLE VANGUARD」シリーズ
イメージCG

いかにも”賀正” てカンジですね。でも1月も残り僅かです。
アッという間に1ヵ月が経とうしています。焦らなきゃ!

曇天だとなんとなく北極海の氷山!?
「Vue」はこんな画像が短時間でドンドンできてしまうのだが、有効活用するにはまだまだ勉強不足です。


今回は「MASTER MUZZLE VANGUARD」シリーズに登場するロボットメカついて進めます。 といってもストーリー紹介ではなく”KHR-1HV”、”KHR-2HV”、”Robovie-X”のオリジナル外装「アーマードプラス」の続報です。
ただ単にホビーロボットの外装をオリジナルデザインですと言っただけでは商売になりません。
(発売まで何年かけとるんじゃ!とお怒りの声も御尤もです。)
オリジナルデザイン外装を基本ベースに付加価値の部分も力を注ぎます。
その一つ目は前回、各外装のモックアップで紹介しました発光ダイオードを内臓して”目”を光らせるギミックです。



二つ目は物をつかむ”ハンドユニット”です。
サーボの回転にギアとリンク機構を組み合わせて手のひらの開閉と指の開閉を再現しました。




さらに三つ目はBB弾発射機能搭載のミニガンです。
左右のハンドルに独立したトリガーとセフティーレバーを設けて両ハンドで握り込んで発射する仕様です。









安定した射撃とロボットコントロールも考慮してミニガンスタンドも計画中です。


さて、”ハンドユニット”の紹介です。
(画像はKHR用で説明しますが、当然Robovie用も一部サーボ取付パーツが異なるのみで基本パーツは共用です。)

片腕3サーボ構成です。上腕部分のサーボ2個は専用パーツで連結します。


ハンドユニット用のサーボは前後ガイドパーツを設定。


その中身はこんなレイアウトです。サーボホーンにギアを設定。
そのギアを挟み込むようにサーボ左右にそれぞれラックスライドプレートを配置。サーボの下に配置したダブルギアにそれぞれ反対方向の開閉モーメントを伝えます。


ダブルギア同軸に”親指アッセンブリー”と”手平・4指アッセンブリー”をそれぞれ配置します。それぞれギアに固定し同調して開閉します。



また、左右各々のラックスライドプレートと各”親指”、”4指”のパーツがリンク機構で連結されており、手の平の開閉と連動してより人間に近い動きを可能にしました。
(といっても5指別々で動かせるわけではないです、あしからず。)




前面の各パーツを組付けるとこんなカンジです。



毎度、画像が小さくて申し訳ありません。
早く試作品をUPできるようガンバリマス。


沈む夕日に佇む廃墟とかした都市の一部。
あり得ない上空の衛星。 破滅をもたらした張本人か!?


次回はミニガンの予定です。

雅雅ドリームワークス(GaGaDW)に乞うご期待!!

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ 人気blogランキングへ

« 3D(2.5D?)造形悪戦苦闘記61~GaGaDW | トップページ | 3D(2.5D?)造形悪戦苦闘記63~GaGaDW »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179224/33157908

この記事へのトラックバック一覧です: 3D(2.5D?)造形悪戦苦闘記62~GaGaDW:

« 3D(2.5D?)造形悪戦苦闘記61~GaGaDW | トップページ | 3D(2.5D?)造形悪戦苦闘記63~GaGaDW »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31